教育とその教材の評価について

教育 評価

教育 評価について

教育とその教材の評価について

教育をする時には教材を用意しなければなりません。
しかし、世の中には数多くの本があったとしてもそれが理解しやすいかどうかはわからないのです。
数式だけを多く記述してあるような教科書も数多く存在しています。
しかし初学者がそれを見て理解することは不可能です。
まずは日本語で懇切丁寧な説明をしなければならないのです。
それを抜かして理解をすることは出来ないと言えます。
教材を評価をする時には初学者向きのものを選別する必要があります。
勉強の基本は独学です。
それを進めることが出来るような教材が良いものと言えます。
教育者はこのように教材選びに時間をかける必要があり、その時間を惜しんでは行けないのです。
昨今では試験で点数を取ることができるようになるための教材が多く販売されています。
確かに試験で点数を取ることは出来るかもしれませんがそれが終わったら忘れてしまうような内容でもあります。
これは教育者として受け入れることは難しいといえますし、試験が終わっても残るような知識が大切です。
学習者は学問的態度を貫く事が大切なのです。