評価と教育のことについて

教育 評価

教育 評価について

評価と教育のことについて

私が学生だったころに非常に関心が高かったのは、自分がどのように評価されるかということです。
中学校などの教育機関では生徒を評価する方法の一つとして通信簿がありますが、私は通信簿の成績もとても気にしていました。
できるだけ良い成績を取ろうと毎日努力をしていたのですが、なかなか思ったように成績をあげることができずに悩んだこともありました。
そんな時に私が考えていたのは自分の努力が足りないのではないかということです。
人からしっかりと認めてもらうためにはより努力をしなければいけないことに私は気付き、それからは私はそれまで以上に努力を積み重ねていきました。
そんな私の努力が実って成績が上がった時にはとても嬉しい気持ちになったことを今でも覚えています。
やはり正しく評価されることは勉強をする側にとってはとても励みになるものだということを私はその時深く実感しました。
そしてもっと認めてもらいたいとさらに努力するようになりました。